2015年8月13~14日はペルセウス座流星群です。

三大流星群の一つペルセウス座流星群が8月13日に極大を迎えます。
ペルセウス座流星群のピークや時間、方角、特徴などを解説しています。

【天体現象】ペルセウス座流星群
【日時】2015年8月13日未明~明け方、8月14日未明~明け方

ペルセウス座流星群

1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ3大流星群のひとつペルセウス座流星群。

★ペルセウス座流星群のピークは?
流星群の極大は8月13日15時頃ですが8月13日未明~明け方、8月14日未明~明け方に。
※月明かりの影響がなく、観測の条件は良いです。

★ペルセウス座流星群の方角は?
全天にまんべんなく流星が流れるのが特徴です。
見つけにくい方は、北東の空を中心に見てみてください。

★どのくらい見られる?
ピーク時は1時間に30~50個程度見る事ができる見応えのある流星群です。極大時間は昼間ですが月明かりがなく、観測条件はとても良いです。
可能であれば街灯などが少なく、大都市から離れた場所では見える流星の数が多くなるでしょう。都市部など人工の明りが沢山ある所ではグっと流星の数は減ってしまいます・・・。

夏休みやお盆と重なり帰省している方も多いかと思います。
家族や大切な人と一緒に空を眺め、夏の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

しぶんぎ座流星群
ふたご座流星群