2008年5月の天気・天候

2008年(平成20年)5月の天候の特徴は以下のとおりです。
北日本から西日本では気温の変動が大きかった
上旬末から中旬と下旬後半に強い寒気が南下するなど、北日本から西日本では気温の変動が大きかった。
東日本太平洋側・西日本で多雨
低気圧が日本の南海上や本州南岸を進むことが多かったため、東日本太平洋側と西日本では多雨となった。
沖縄・奄美では平年より大幅に遅い梅雨入りで少雨
沖縄地方と奄美地方では梅雨入りが平年より2週間程度遅れ、沖縄・奄美では少雨となった。

1 概況

上旬末から中旬と下旬後半に強い寒気が南下するなど、北日本から西日本では気温の変動が大きかった。数日の周期で低気圧が日本付近を通過し、天気は全国的に数日の周期で変わった。低気圧が日本の南海上や本州南岸を進むことが多かったため、東日本太平洋側と西日本では多雨となった。特に関東甲信地方の月降水量は、1946年以降5月としては第3位の多い記録となった。太平洋高気圧の西への張り出しが弱く、前線が沖縄付近に持続して停滞することがなかったため、沖縄地方と奄美地方では梅雨入りが平年より2週間程度遅れ、沖縄・奄美では少雨となった。5月としては1951年以降、最多タイ記録となる4個の台風が発生した。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

月平均気温は、東日本と西日本では高く、北日本と沖縄・奄美では平年並だった。なお、北日本から西日本にかけては気温の変動が大きかった。
(2)降水量
月降水量は、東日本太平洋側でかなり多く、西日本で多かった。八丈島(東京都)、千葉では5月の月降水量の最大値を更新した。一方、沖縄・奄美では少なく、北日本と東日本日本海側では平年並だった。

(3)日照時間

月間日照時間は、東日本から西日本にかけての日本海側で多かった。一方、北日本と東日本太平洋側では少なく、西日本太平洋側と沖縄・奄美では平年並だった。

出典:気象庁