2008年6月の天気・天候

2008年(平成20年)6月の天候の特徴は以下のとおりです。
降水量は、東日本日本海側と北日本で少なく、東日本太平洋側と西日本日本海側で多かった
日照時間は、西日本でかなり少なかった
前線が日本列島南岸に停滞しやすかったことや低気圧の通過により、東日本太平洋側から西日本にかけては瀬戸内海沿岸など一部を除き、降水量は平年を上回るところが多く、特に九州地方や関東甲信地方では降水量が多かった。また、日照時間は東海地方から西日本にかけて少なく、特に西日本ではかなり少なかった。一方、前線や低気圧の影響が小さかった東日本日本海側と北日本で降水量が少なかった。
気温は沖縄・奄美で高かった
中旬を中心に日本の南海上で太平洋高気圧が強まったため、沖縄・奄美では高温となった。 前線は日本列島の南岸に停滞することが多かったが、寒気の影響は小さく、北日本から西日本にかけては、月平均気温は平年並だった。

1 概況

前線が日本列島南岸に停滞しやすかったことや低気圧の通過により、東日本太平洋側から西日本にかけては瀬戸内海沿岸など一部を除き、降水量は平年を上回るところが多く、特に九州地方や関東甲信地方では降水量が多かった。また、日照時間は東海地方から西日本にかけて少なく、特に西日本ではかなり少なかった。一方、前線や低気圧の影響が小さかった東日本日本海側と北日本で降水量が少なかった。前線は日本列島の南岸に停滞することが多かったが、東・西日本では寒気の影響は小さく、また、北日本では高気圧に覆われて気温が上がるなど、月平均気温は平年並だった。沖縄・奄美では、中旬以降太平洋高気圧が強まったため、中旬の終わりに平年より早く梅雨明けとなり、月平均気温は高温となった。高気圧の強まりに伴い、梅雨前線が本州付近まで北上し、北陸地方と東北地方は平年より遅く梅雨入りとなった。中旬には梅雨前線の活動が活発となり、九州地方を中心に大雨となり、下旬には低気圧や前線の影響で、東日本太平洋側で大雨となったほか、北日本の一部でも局地的な大雨となった。また、月末には、少雨が続いていた東日本日本海側でもまとまった雨が降った。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

月平均気温は、沖縄・奄美で高かったほかは全国的に平年並だった。
(2)降水量
月降水量は、東日本太平洋側と西日本日本海側で多く、館山(千葉県)では6月の月降水量の最大値を更新した。一方、北日本と東日本日本海側では、6月の月降水量の最大値を更新した八戸(青森県)など、一部を除き少なく、酒田(山形県)、若松(福島県)では6月の月降水量の最小値を更新した。西日本太平洋側と沖縄・奄美では平年並だった。

(3)日照時間

月間日照時間は、西日本でかなり少なかった。九州地方と四国地方では平年の60%未満となったところがあり、油津(宮崎県)では6月の月間日照時間の最小値を更新した。北日本、東日本、沖縄・奄美では平年並だった。

出典:気象庁