2008年9月の天気・天候

2008年(平成20年)9月の天候の特徴は以下のとおりです。
全国的に気温が高かった
寒気の南下がほとんどなく、前半を中心に高気圧に覆われて晴れの日が多かったため、全国的に高温となった。
北日本では日照時間が多く、降水量が少なかった
上旬から中旬にかけて、高気圧に覆われて晴れる日が多かった北日本では、月降水量は少なく、月間日照時間は多かった。1946年以降の9月として、月間日照時間は北日本日本海側で第1位の多い記録となり、月降水量は、北日本太平洋側で第2位、北日本日本海側では第3位の少ない記録となった。
台風により、沖縄・奄美で記録的な大雨となった
台風第13号が先島諸島に接近し、その後、日本列島南岸を東進した。また、台風第15号が先島諸島に接近した。この影響で、沖縄・奄美や九州南部では大雨となり、沖縄・奄美の月降水量は1946年以降の9月として、第3位の多い記録となった。特に与那国島では、台風第13号の接近に伴い、観測開始以来最大となる日降水量765.0ミリを記録した。また、台風第13号の動きが遅く、曇りや雨の日が続いたことから、月間日照時間は1946年以降の9月として、第2位タイの少ない記録となった。

1 概況

全国的にほぼ月を通して気温が高かった。北日本と東日本日本海側では、高気圧に覆われて晴れることが多く、気温が高く、降水量が少なかった。また、北日本では日照時間が多く、特に北日本日本海側では、1946年以降第1位の多い記録となった。東日本太平洋側と西日本では、前半は高気圧に覆われて、晴れる日が多かったが、後半は台風、低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が多く、太平洋側を中心に広い範囲でまとまった雨となった。台風第13号が月半ばに、先島諸島に接近した後、日本列島南岸を東進した。また、台風第15号が月末に先島諸島に接近した。台風の接近に伴い、沖縄・奄美では暴風や大雨となった。特に与那国島では、台風第13号の接近に伴い、観測開始以来最大となる日降水量765.0ミリを記録した。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

月平均気温は、全国的に高かった。
(2)降水量
月降水量は、沖縄・奄美でかなり多く、与那国島(沖縄県)では9月の月降水量の最大値を更新した。一方、北日本ではかなり少なく、東日本日本海側では少なかった。これらの地域では平年の40%未満となったところがあり、室蘭、函館(以上、北海道)、むつ、八戸、深浦(以上、青森県)では、9月の月降水量の最小値を更新した。東日本太平洋側と西日本では平年並だった。

(3)日照時間

月間日照時間は、北日本でかなり多かった。一方、沖縄・奄美ではかなり少なく、西日本日本海側では少なかった。那覇、石垣島(以上、沖縄県)では9月の月間日照時間の最小値を更新した。東日本と西日本太平洋側では平年並だった。

出典:気象庁