2009年2月の天気・天候

2009年(平成21年)2月の天候の特徴は以下のとおりです。
全国高温
冬型の気圧配置となる日が少なく、大陸からの寒気の南下が弱かったことや低気圧の通過に伴う暖かな南風の影響で、全国的に高温となった。特に東日本以西は顕著で、沖縄・奄美の月平均気温は1946年以降最も高い記録となった。
沖縄・奄美で顕著な少雨・多照
沖縄・奄美では、上旬と下旬を中心に高気圧に覆われることが多く、降水量がかなり少なく、日照時間がかなり多かった。
東・西日本日本海側で顕著な少雪
冬型の気圧配置となる日が少なく、寒気の影響が小さかった東・西日本日本海側では、降雪量がかなり少なかった。

1 概況

短い周期で低気圧が日本付近を通過し、北日本から西日本では天気は数日の周期で変わった。中旬後半に一時冬型の気圧配置となり、北日本中心に寒気の影響を受け、北日本日本海側で曇りや雪の日が続いた。このほかは、寒気の影響は小さく、東・西日本日本海側では顕著な少雪となり、全国的に高温で経過した。特に、13日から14日にかけては、低気圧が日本海を発達しながら通過して暖気が入ったため、東日本では2月としての日最高気温の高い値を更新したところがあった。また、20日から21日にかけて、北日本の東海上で低気圧が急速に発達し、北日本で暴風雪による交通障害が生じた。沖縄・奄美では上旬と下旬を中心に高気圧に覆われ、晴れて気温の高い日が多く、月平均気温は1946年の統計開始以来最も高かった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

月平均気温は、全国的に高く、特に東日本から沖縄奄美にかけてはかなり高かった。東日本から沖縄・奄美にかけて、大半の地点で平年を2℃以上上回り、3℃以上上回ったところもあった。静岡、屋久島(鹿児島県)、那覇、石垣島(以上、沖縄県)など12地点で、2月の月平均気温の最高値を更新した。また、14日の水戸(茨城県)、横浜(神奈川県)、静岡、広島、26日の那覇(沖縄県)など合計25地点で、2月の日最高気温の最高値を更新した。
(2)降水量
月降水量は、北日本日本海側でかなり多く、北日本太平洋側と西日本で多かった。これらの地方では平年の170%以上となったところがあった。一方、沖縄・奄美ではかなり少なく、東日本日本海側では少なかった。東日本太平洋側では平年並だった。

(3)日照時間

月間日照時間は、沖縄・奄美でかなり多く、東日本日本海側で多かった。南大東島(沖縄県)では、2月の月間日照時間の最大値を更新した。一方、北日本と東日本太平洋側では少なく、西日本では平年並だった。

(4)降雪・積雪

降雪の深さ月合計は、北海道日本海側で多く、北海道オホーツク海側および太平洋側でもかなり多かった。稚内、雄武、網走、浦河、苫小牧(以上、北海道)では、2月の降雪の深さ月合計の最大値を更新した。一方、東北地方から西日本にかけての日本海側では、かなり少なかった。月最深積雪は、北海道では平年を上回るところがあったが、その他は全国的に平年を下回った。

出典:気象庁