秋(2011年9月~2011年11月)の天気・天候

2011年(平成23年)秋(9~11月)の天候の特徴は以下のとおりです。
秋の平均気温は、東・西日本、沖縄・奄美ではかなり高く、北日本では高かった
暖かい空気に覆われることが多かったため、秋の平均気温は東・西日本、沖縄・奄美ではかなり高く、北日本では高かった。
秋の降水量は、全国的に多く、北日本日本海側、西日本太平洋側ではかなり多かった
台風や低気圧などの影響により、秋の降水量は全国的に多く、北日本日本海側、西日本太平洋側ではかなり多かった。
秋の日照時間は、沖縄・奄美ではかなり少なかったが、東日本日本海側ではかなり多かった
秋の日照時間は、期間を通じて湿った気流の影響を受けやすかった沖縄・奄美ではかなり少なく、統計を開始した1946年以降最も少ない値を更新した(平年比:79%)。一方、9月に晴れの日が多かった東日本日本海側ではかなり多かった。

1 概況

9月は、月のはじめは台風第12号の影響により、また下旬はじめは台風第15号の影響により、全国的に大雨となった。北日本では中旬にかけて前線や気圧の谷の影響もあり、降水量がかなり多くなった。中旬を中心に高気圧が日本付近で強まり東日本以西では晴れて気温が上がり残暑が厳しかったが、下旬には気温は平年を下回った。
10月は、天気はおおむね数日の周期で変わったが、西日本や沖縄・奄美では低気圧と湿った気流の影響で大雨となる日があった。気温は、上旬は北日本から西日本にかけて平年を下回ったが、中旬以降は変動が大きかったものの平年を上回る日が多かった。
11月は、西日本と沖縄・奄美では、低気圧や南からの湿った気流の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多かった。北・東日本では天気はおおむね数日の周期で変わったが、下旬には西高東低の冬型の気圧配置となる日があった。気温は上・中旬は、暖かい空気に覆われ全国的に気温が平年を大幅に上回る日が多かったが、下旬には平年を下回る日もあった。
秋の平均気温は、暖かい空気に覆われることが多かったため、東・西日本、沖縄・奄美ではかなり高く、北日本では高かった。秋の降水量は、台風や低気圧などの影響により全国的に多く、北日本日本海側、西日本太平洋側ではかなり多かった。秋の日照時間は、期間を通じて湿った気流の影響を受けやすかった沖縄・奄美ではかなり少なく、統計を開始した1946年以降最も少ない値となった(平年比:79%)。一方、9月に晴れの日が多かった東日本日本海側ではかなり多かった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

秋の平均気温は、東・西日本、沖縄・奄美でかなり高く、北日本では高かった。東・西日本では平年を1℃以上上回った。帯広、釧路(以上、北海道)、館野(茨城県)では秋の平均気温の高い方からの一位を更新した。
(2)降水量
秋の降水量は、北日本日本海側、西日本太平洋側でかなり多く、北日本太平洋側、東日本、西日本日本海側、沖縄・奄美では多かった。留萌、岩見沢(以上、北海道)、日光(栃木県)、洲本(兵庫県)、延岡(宮崎県)、徳島では秋の降水量の多い方からの一位を更新した。

(3)日照時間

秋の日照時間は、沖縄・奄美ではかなり少なく、北日本日本海側、西日本で少なかった。与那国島、名護(以上、沖縄県)では、秋の日照時間の少ない方からの一位を更新した。北日本太平洋側では平年並で、東日本太平洋側では多く、東日本日本海側ではかなり多かった。

出典:気象庁