2016年9月の天気・天候

2016年(平成28年)9月の天候の特徴は以下のとおりです。
東日本以西で日照時間がかなり少なく、西日本では降水量がかなり多い
前線が本州付近に停滞しやすかった影響や台風がたびたび接近・上陸したことにより、東・西日本、沖縄・奄美では月間日照時間がかなり少なく、西日本日本海側では平年比64%で統計を開始した1946年以降で最も少なくなった。また、西日本では月降水量がかなり多かった。
台風第16号により西日本中心の大雨
台風第16号が中旬後半に東シナ海から東海道沖へと東進したため、九州や四国では総降水量(17~20日)が400mmを超える大雨となり、土砂災害や浸水害など大きな被害が発生した。
全国的に高温
寒気の南下が弱く、南から暖かい空気が入りやすかったため、全国的に気温は高く、沖縄・奄美ではかなり高かった。

1 概況

前線が本州付近に停滞しやすかった影響や台風がたびたび接近・上陸したことにより、東・西日本、沖縄・奄美では曇りや雨の日が多く、月間日照時間がかなり少なかった。特に、西日本日本海側では月間日照時間が平年比64%で統計を開始した1946年以降で最も少なくなった。また、月降水量は、西日本でかなり多く、平年比が180%以上となったほか、東日本や沖縄・奄美でも多かった。北日本でも、前線の影響や上旬に北海道付近を低気圧が通ることが多かったことから、曇りや雨の日が多く、月間日照時間は少なかった。
上旬前半は、台風第12号が、沖縄の東から九州の南を通り、東シナ海を北上後、5日未明に長崎市付近に上陸し、九州では大雨となったところもあった。上旬後半は、台風第13号が、先島諸島から九州の南に進んだのち、温帯低気圧に変わり、本州の太平洋岸沿いを北上して北海道付近に達した。北日本太平洋側では各地で浸水害や土砂災害が発生した。中旬後半は、台風第16号が、先島諸島付近から東シナ海を北上し、20日には鹿児島県大隅半島に上陸した後、高知県室戸岬付近を通過し、和歌山県田辺市付近に再上陸した。九州や四国では17日から20日の総降水量が400mmを超えた所もあり、この大雨により土砂災害や河川の増水、浸水害等が発生した。また、下旬後半には先島諸島では台風第17号の接近により大荒れの天気となった。
中旬の終わりから下旬の初めにかけて北・東日本を中心に一時的に寒気が流れ込んだ他は、強い寒気の南下はなく、日本の南海上で太平洋高気圧が強かったため、南から暖かい空気が入りやすく、気温は全国的に高く、沖縄・奄美ではかなり高かった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

沖縄・奄美ではかなり高く、北・東・西日本で高かった。名瀬(鹿児島県)では月平均気温の高い方から1位の値を更新した。
(2)降水量
西日本でかなり多く、東日本と沖縄・奄美で多かった。延岡(宮崎県)では月降水量の多い方から1位の値を更新した。北日本は平年並だった。留萌(北海道)では月降水量の少ない方から1位タイの値を記録した。

(3)日照時間

東・西日本と沖縄・奄美でかなり少なく、北日本で少なかった。松江(島根県)、那覇(沖縄県)など8地点で月間日照時間の少ない方から1位の値を更新した。

出典:気象庁