2017年8月23日は処暑(しょしょ)です。

2017年8月23日は二十四節気の一つ『処暑(しょしょ)』です。
は落ち着くという意味があり、暑さが落ち着いて収まるという意味です。

処暑の頃は、まだまだ厳しい残暑の日がありますが、北の高気圧が現れ、涼しい空気が入りやすくなります。
本州などでは8月も下旬となると熱帯夜から開放される日も多くなり、内陸地方では朝方に露の降りることもしばしばで、秋の虫の音色でより一層秋の気配を感じられるようになります。

このカテゴリの記事一覧

  1. 2017年8月7日は立秋(りっしゅう)です。
  2. 2017年8月11日は山の日です。
  3. 2017年8月12~13日はペルセウス座流星群です。
  4. 2017年8月13日はお盆です。
  5. 2017年8月16日は五山の送り火です。
  6. 2017年8月2日は七十二候の大雨時行(たいうときどきふる)です。
  7. 2017年8月7日は七十二候の涼風至(すずかぜいたる)です。
  8. 2017年8月12日は七十二候の寒蝉鳴(ひぐらしなく)です。
  9. 2017年8月18日は七十二候の蒙霧升降(ふかききりまとう)です。
  10. 2017年8月23日は七十二候の綿柎開(わたのはなしべひらく)です。
  11. 2017年8月28日は七十二候の天地始粛(てんちはじめてさむし)です。

関連する記事

  1. 2018年12月17日は七十二候の鱖魚群(さけのうおむらがる)です。
  2. 2018年12月22日は冬至(とうじ)です。
  3. 2018年12月22日は七十二候の乃東生(なつかれくさしょうず)です。
  4. 2018年12月26日は七十二候の麋角解(さわしかつのおつる)です。
  5. 2018年12月2日は七十二候の橘始黄(たちばなはじめてきばむ)です。
  6. 2018年12月7日は大雪(たいせつ)です。