2017年2月の天気・天候

2017年(平成29年)2月の天候の特徴は以下のとおりです。
月平均気温は、北・東日本で高く、西日本、沖縄・奄美で平年並だった
北・東日本では、北からの寒気の影響が弱く、月平均気温は高かった。西日本と沖縄・奄美では、気温の高い時期と低い時期があり、気温の変動が大きく、月平均気温は平年並となった。
上旬後半から中旬前半にかけて西日本日本海側で大雪となった
上旬後半から中旬前半にかけて、西日本中心に強い寒気が南下し、西日本日本海側では大雪となった。
月間日照時間は、西日本太平洋側でかなり多かった
東日本太平洋側と西日本では、低気圧の影響が小さく、高気圧に覆われる日が多かったため、月間日照時間が多く、西日本太平洋側ではかなり多かった。

1 概況

北日本では、北からの寒気の影響が弱く、月平均気温が高く、日本海側の降雪量はかなり少なかった。低気圧が北日本付近を通ることが多く、北日本日本海側では日照時間が少なかった。また、低気圧の影響が大きかった東北日本海側では、降雪量は少なかったが、雪ではなく雨の降る日もあり、降水量はかなり多かった。
一方、東日本から沖縄・奄美では、上旬後半から中旬前半にかけて冬型の気圧配置が強まり、大陸から強い寒気が流れ込んだ。太平洋側では晴れた日が多かったが、日本海側では西日本日本海側を中心に大雪となった。鳥取(鳥取県)では、11日に積雪が91cmに達し、1983/84年冬以来33年ぶりに90cmをこえ、交通障害や農業施設被害が発生した。中旬後半には低気圧が日本海を北東に進んだため、南よりの風が強まって気温が上昇し、各地で春一番が吹いた。東日本以西は、気温の高い時期と低い時期があり、月平均気温は西日本と沖縄・奄美は平年並だったが、東日本では低温の程度が弱く高かった。低気圧は北日本付近を通ることが多く、東日本太平洋側と西日本は、低気圧の影響が小さく、高気圧に覆われる日が多かったため、月間日照時間は多く、西日本太平洋側ではかなり多かった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

北・東日本で高かった。西日本、沖縄・奄美で平年並だった。
(2)降水量
西日本日本海側で多かった。東日本太平洋側で少なかった。北日本、東日本日本海側、西日本太平洋側と沖縄・奄美で平年並だった。

(3)日照時間

西日本太平洋側でかなり多く、東日本太平洋側、西日本日本海側で多かった。軽井沢(長野県)、熊谷(埼玉県)で月間日照時間の多い方から1位の値を更新した。北日本日本海側で少なかった。北日本太平洋側、東日本日本海側と沖縄・奄美で平年並だった。

(4)降雪・積雪

降雪の深さ月合計は西日本日本海側で多かった。北日本日本海側でかなり少なく、北日本太平洋側、東日本で少なかった。西日本太平洋側で平年並だった。
月最深積雪は、西日本で多いところが多かった。

出典:気象庁