2017年3月の天気・天候

2017年(平成29年)3月の天候の特徴は以下のとおりです。
西日本と沖縄・奄美の気温は低かった
大陸からの冷たい空気が流れ込んだため、西日本、沖縄・奄美の気温は低かった。
北日本の気温は高かった
北日本では上旬を中心に寒気の影響が弱く、気温は高かった。
北日本から西日本にかけての降水量は少なく、日照時間が多かった
日本付近は大陸からの高気圧に覆われることが多く、低気圧の影響が小さかったため、北日本から西日本にかけての降水量は少なく、日照時間が多かった。

1 概況

北日本から西日本にかけては、低気圧と高気圧が交互に通過し、天気は数日の周期で変わったが、大陸からの高気圧に覆われる日が多く、低気圧の影響は小さかった。このため、月間日照時間は、北・東・西日本で多かった。また、月降水量は、東日本日本海側と西日本でかなり少なく、北日本と東日本太平洋側で少なかった。一方、沖縄・奄美では低気圧や前線の影響で、平年と同様に曇りや雨の日が多く、10日は八重山地方で大雨となった。
また、西日本や沖縄・奄美では、大陸からの冷たい空気がたびたび流れ込んだため、気温の低くなる時期が多く、西日本では2011年以来6年ぶりに月平均気温が低くなった。一方、北日本では上旬を中心に北からの寒気の影響が弱く、月平均気温は高かった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

西日本、沖縄・奄美で低かった。一方、北日本では高かった。東日本では平年並だった。
(2)降水量
東日本日本海側と西日本でかなり少なく、北日本、東日本太平洋側で少なかった。沖縄・奄美では平年並だった。

(3)日照時間

北・東・西日本で多かった。沖縄・奄美では平年並だった。

(4)降雪・積雪

降雪の深さ月合計は、北日本日本海側でかなり少なく、北・東日本太平洋側と西日本日本海側で少なかった。東日本日本海側では平年並だった。
月最深積雪は、北日本で少ないところが多かった。

出典:気象庁