緊急地震速報の仕組みやメカニズム

緊急地震速報は、地震の揺れの伝わり方の特徴を利用して、発表される情報です。

地震が発生すると、震源からは揺れが波となって地面を伝わっていきます(地震波)
地震波にはP波(Primary「最初の」の頭文字)とS波(Secondary「二番目の」の頭文字)があり、P波(秒速約7km)の方がS波(秒速約4km)より速く伝わる性質があります。一方、強い揺れによる被害をもたらすのは主に後から伝わってくるS波です。
このため、地震波の伝わる速度の差を利用して、先に伝わるP波を検知した段階でS波が伝わってくる前に危険が迫っていることを知らせることが可能になります。

緊急地震速報には、全国約270箇所の地震計に加え、国立研究開発法人 防災科学技術研究所の地震観測網(全国約800箇所)を利用しています。多くの地震計のデータを活用することで、地震が起きたことを素早くとらえることができます。