寒九の雨は薬?

寒の入り(1月5日)から9日目(1月13日)に降る雨を寒九の雨と呼び、昔から「寒九の雨は豊作のしるし」と言われました。
どのような理由でそのように言われるようになったかは定かではありませんが、晴天が続く太平洋側の冬野菜にとっては恵みの雨となります。また、この日の雨水は薬になるといって飲まれていました。