2017年4月の天気・天候

2017年(平成29年)4月の天候の特徴は以下のとおりです。
北・西日本で高温だが、全国的に気温の変動が大きかった
北・西日本で南から暖かい空気が流れ込みやすかったため気温は高かったが、全国的に気温の高い時期と低い時期があり気温の変動が大きかった。
北・東日本太平洋側、西日本、沖縄・奄美で日照時間が多かった
北・東日本太平洋側、西日本、沖縄・奄美では高気圧に覆われやすく、日照時間が多かった。
西日本で降水量が多かった
南から湿った空気が流れ込みやすかった西日本で、降水量が多かった。

1 概況

日本付近を低気圧と高気圧が交互に通過し、天気は数日の周期で変わった。北・東日本太平洋側、西日本、沖縄・奄美では高気圧に覆われやすく月間日照時間が多かったが、南から湿った空気が流れ込みやすかった西日本で降水量が多くなった。中旬には低気圧が発達しながら通過し、本州付近で暴風や大雨となった所があった。下旬には低気圧や前線の影響で、沖縄・奄美で大雨となった所があった。
北・西日本では南から暖かい空気が流れ込みやすかった影響で月平均気温が高かったが、低気圧の通過後に一時的に北からの寒気が入るなど、気温の高い時期と低い時期があって全国的に気温の変動が大きかった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

北・西日本で高かった。東日本、沖縄・奄美では平年並だった。
(2)降水量
西日本で多かった。北・東日本、沖縄・奄美では平年並だった。

(3)日照時間

北・東日本太平洋側、西日本と沖縄・奄美で多かった。北・東日本日本海側では平年並だった。

出典:気象庁