弥生

陰暦で3月のことを弥生(やよい)と言い、陽暦の4月頃にあたります。
弥生は「いやおい」が変化したものとされ、弥(いや)は、いよいよ、ますますなどを意味し、生(おい)は生い茂ると使われるように草木が芽吹くことを意味しています。
3月前半はまだまだ寒い日がありますが、後半になると春の訪れが感じられるようになります。