2018年1月4日はしぶんぎ座流星群です。

【天体現象】しぶんぎ座流星群
【日時】2018年1月4日0時頃~明け方頃が見頃

2018年最初の流星群はしぶんぎ座流星群です。

しぶんぎ座流星群

8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ3大流星群のひとつ。
しぶんぎ座という星座は、今では存在しない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」という星に由来しています。

しぶんぎ座流星群の特徴

しぶんぎ座流星群は観測できる流星の個数が年によってムラがあるようで、1時間で100個見られた年もあるようですが、通常は20~50個程度のようです。

しぶんぎ座流星群の見える時間

今年のピーク時刻は1月4日午前5時頃となりますが、満月を過ぎた頃と重なり、月明かりがあるため観測条件は良くありません。月を目に入れないように月とは反対方向で探すといいでしょう。

しぶんぎ座流星群の見える方角

しぶんぎ座流星群の放射点は北斗七星とカシオペア座を参考に、うしかい座とりゅう座の間付近にありますが、流星は空一面に出現するので、どちらの方角を見てもかいません。ポイントとしては空が広く見渡せ、市街地の明かりなどが視界に入らない方角を見るようにしましょう。

ふたご座流星群同様、夜は冷え込みますので防寒対策万全で観察して下さいね。