春眠暁を覚えず。眠りの季節、春と気温の関係

春眠暁を覚えず。春は気候が良く、眠り心地がいいので、夜明けに気付かず、つい寝過してしまうという事です。
孟浩然の漢詩「春暁」です。

春は適度な日差しを感じ、寒さから解放され体の緊張が緩むため心地良い眠りに誘われやすい季節です。
人間が布団の中で最も気持ち良く感じるのは最低気温が6℃以上、最高気温が15℃くらいと言われます。
この気温は大阪では例年今頃から4月初め頃に最も多く現れます。北海道はもう少し先で4月末~5月です。

春眠とは?春になると眠い理由