2018年4月10日は七十二候の鴻雁北(こうがんかえる)です。

2018年4月10日からは七十二候の一つ『鴻雁北(こうがんかえる)』です。
鴻雁北(こうがんかえる)とは、ツバメとは反対に、冬の間を日本で過ごした雁が北のシベリアへと帰っていく頃。雁は「かり」とも読み、「鴈」と書くこともあります。
私たちも入学式や入社式を終えたころ、別れの後に新しい出会いがあり、まだ慣れない新鮮さがありますね。

●季節の言葉 雁風呂・鳥風・鳥曇・日永
●季節の野菜 たらの芽 (旬は4月~6月はじめ)
●季節の魚介 若布・ほたるいか (旬は1月~5月)
●季節の行事 イースター(イエスキリストの復活を祝う日)・高山祭(4月14日)

次の七十二候は、2018年4月15日の『虹始見(にじはじめてあらわる)』です。