1. お天気.com
  2. 二十四節気・七十二候・年中行事
  3. 2018年
  4. 2018年4月の二十四節気・七十二候・年中行事など
  5. 2018年4月20日は七十二候の葭始生(あしはじめてしょうず)です。

2018年4月20日は七十二候の葭始生(あしはじめてしょうず)です。

2018年4月20日からは七十二候の一つ『葭始生(あしはじめてしょうず)』です。
葭始生(あしはじめてしょうず)とは、葭はイネ科の多年草で、水辺に広く自生しています。この頃、葭が芽吹き始め、緑一色に輝き始める頃.秋には黄金色の穂が風になびきます。若芽は食されたり、成長後はすだれや茅葺の屋根などに形を変え、人間との生活を深く結びつけてきました。ちなみに、俳句の季語は成長後の秋とされています。

●季節の言葉 葦牙(あしかびは葦の若芽のことで春の季語)
●季節の野菜 新牛蒡 (旬は4月~5月)
●季節の魚介 眼張(眼張は春告げ魚とも呼ばれ、旬は春~初夏)・鯵 (旬は春~夏)
●季節の草花 チューリップ(3月~5月)
●季節の味覚 雨前茶(生命の頃に飲まれるお茶)

次の七十二候は、2018年4月25日の『霜止出苗(しもやみてなえいずる)』です。