2018年10月3日は七十二候の水始涸(みずはじめてかかる)です。

2018年10月3日からは七十二候の一つ『水始涸(みずはじめてかかる)』です。
水始涸(みずはじめてかかる)とは、田の水を落として、稲穂の刈り入れを始める頃。収穫の最盛期で大忙しですが、黄金に色づいた稲穂が輝き、風でなびく風景はとても美しいです。

●季節の言葉 稲刈り
●季節の野菜 銀杏 (旬は9月下旬月~11月) 
●季節の魚介 とらふぐ (秋~冬)
●季節の草花 金木犀(開花は9月下旬~10月)

次の七十二候は、2018年10月8日の『鴻雁来(こうがんきたる)』です。

このカテゴリの記事一覧

  1. 2018年10月8日は寒露(かんろ)です。
  2. 2018年10月8日は七十二候の鴻雁来(こうがんきたる)です。
  3. 2018年10月13日は七十二候の菊花開(きくのはなひらく)です。
  4. 2018年10月18日は七十二候の蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)です。
  5. 2018年10月20日は秋の土用です。
  6. 2018年10月21日は十三夜のお月見です。
  7. 2018年10月23日は霜降(そうこう)です。
  8. 2018年10月23日は七十二候の霜始降(しもはじめてふる)です。
  9. 2018年10月28日は七十二候の霎時施(こさめときどきふる)です。

関連する記事

  1. 2018年12月17日は七十二候の鱖魚群(さけのうおむらがる)です。
  2. 2018年12月22日は冬至(とうじ)です。
  3. 2018年12月22日は七十二候の乃東生(なつかれくさしょうず)です。
  4. 2018年12月26日は七十二候の麋角解(さわしかつのおつる)です。
  5. 2018年12月7日は七十二候の閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)です。
  6. 2018年12月12日は七十二候の熊蟄穴(くまあなにこもる)です。