気象と体調の関係

神経痛やリウマチ、古傷の痛みは低気圧や前線が通過するときに起こりやすいと言われ、気管支喘息の発作は低気圧が多く通過する春や秋に多いと言われています。
健康な人でも気温が急に上昇したり、湿度が急に高くなると頭痛や不快を感じることがあります。これは、急激な自然の変化に身体がついていけないことが原因と考えられています。

700万人が悩む気象病対策アプリ
【頭痛-る】