冬(2017年12月~2018年2月)の天気・天候

2018年(平成30年)冬(2017年12月~2月)月の日本の天候は、日本付近に強い寒気の流れ込むことが多かったため、全国的に、気温が低くなりました。日本海側の降雪量は、西日本ではかなり多く、東日本は多くなりました。東日本太平洋側では、日照時間がかなり多くなりました。
2018 年(平成 30 年)冬(2017 年 12 月~2 月)の天候の特徴は以下のとおりです。

全国的に、気温が低かった
日本付近に強い寒気の流れ込むことが多かったため、全国的に冬の気温が低く、特に西日本では 32 年ぶりの寒い冬となった。

日本海側の降雪量は、西日本ではかなり多く、東日本は多かった
冬型の気圧配置がしばしば強まったため、冬の降雪量は西日本日本海側ではか なり多く、東日本日本海側は多かった。また、北~西日本日本海側では発達し た雪雲が日本海から盛んに流れ込んで記録的な大雪となった所があったほか、 北・東日本太平洋側でも低気圧の影響で大雪の降った日があった。

東日本太平洋側では、日照時間がかなり多かった
冬型の気圧配置が卓越したため、冬の日照時間は東日本太平洋側ではかなり多 く、西日本太平洋側でも多かった。
2018年冬(12~2月)の平均気温・降水量・日照時間の平年差比図

出典:気象庁