雨粒の大きさ

上空から降ってくる雨粒の大きさは通常2~4ミリで、大粒のもので5ミリぐらいです。それ以上になると空気の抵抗の影響で落下途中で割れてしまいます。

なお、霧雨は0.5ミリ以下です。雨粒の落ちる速さは、1ミリの雨粒で1秒間に約4m、2ミリの雨粒で約6m、3ミリの雨粒で約7.5mになります。直径0.2ミリ程度の霧雨は1秒間に約80cm落下します。

このカテゴリの記事一覧

  1. みぞれ(霙)とは?ひょうやあられとの違い
  2. 冬日、真冬日とは?
  3. 春一番とは?時期や定義は?
  4. 初雪とは?終雪とは?各地の平年日
  5. 高さ(標高)と気温の関係
  6. ひょう(雹)とあられ(霰)の違い
  7. 「晴れ」「曇り」「快晴」とは?定義は?
  8. 観天望気とは?
  9. 夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜とは?
  10. 木枯らし1号とは?発表基準や条件と記録
  11. 空はなぜ青い?空が青い理由
  12. ボイスバロットの法則とは?
  13. エルニーニョ現象、ラニーニャ現象とは?日本への影響
  14. 里雪型と山雪型とは?冬型の気圧配置と大雪
  15. 冬型の気圧配置とは?強い冬型とは?
  16. 地吹雪とは?地吹雪と吹雪の違い
  17. 関東や東京で雪が降る条件とパターン
  18. 竜巻の発生とメカニズムと時期
  19. 雪の結晶と種類
  20. 大荒れの天気とは?荒れた天気とは?
  21. フェーン現象とは?原因や季節、フェーンとボラ
  22. 天泣(てんきゅう)とは?狐の嫁入り

関連する記事

  1. 竜巻の発生とメカニズムと時期
  2. 流氷とは?流氷のでき方や時期
  3. ボイスバロットの法則とは?
  4. エオルス音とは?
  5. 空はなぜ青い?空が青い理由
  6. 吐く息が白くなる理由