雨粒の大きさ

上空から降ってくる雨粒の大きさは通常2~4ミリで、大粒のもので5ミリぐらいです。それ以上になると空気の抵抗の影響で落下途中で割れてしまいます。

なお、霧雨は0.5ミリ以下です。雨粒の落ちる速さは、1ミリの雨粒で1秒間に約4m、2ミリの雨粒で約6m、3ミリの雨粒で約7.5mになります。直径0.2ミリ程度の霧雨は1秒間に約80cm落下します。