降水量の表現

ニュースなどで大雨を表現するときに「バケツをひっくり返したような」と言うことがあります。
気象庁は防災の助けとなるよう、時間雨量毎の人が受けるイメージを解説した表を作成しており、先の表現は時間30ミリ~50ミリの「激しい雨」の目安となっています。
これよりも強い50ミリ以上の「非常に激しい雨」では、「滝のように降る」が目安となっています。