夏(2018年6月~2018年8月)の天気・天候

2018 年(平成 30 年)夏(6~8 月)の日本の天候は、東・西日本は記録的な高 温となりました。北日本日本海側と西日本太平洋側および沖縄・奄美は降水量が かなり多くなりました。
2018年(平成30年)夏(6~8月)の天候の特徴は以下のとおりです。

東・西日本は、記録的な高温となった
太平洋高気圧とチベット高気圧の張り出しがともに強く、晴れて気温が顕著に上昇 する日が多かったため、東・西日本は夏の平均気温がかなり高かった。夏の平均気 温は東日本で+1.7℃と 1946 年の統計開始以降で最も高くなり、全国の気象官署 153 地点のうち 48 地点で高い方から 1 位の値を記録した(タイを含む)。7 月 23 日 には、熊谷(埼玉県)で日最高気温 41.1℃を記録して歴代全国 1 位となった。

北日本日本海側と西日本太平洋側および沖縄・奄美は、降水量がかなり多かった
北日本日本海側は梅雨前線や秋雨前線の影響で、西日本太平洋側と沖縄・奄美は台 風や梅雨前線の影響で記録的な大雨の日があったため、夏の降水量がかなり多かっ た。沖縄・奄美の夏の降水量は、1946 年の統計開始以降で最も多くなった。

「平成 30 月 7 月豪雨」など、全国各地で大雨が発生した
6 月終わりから 7 月はじめにかけて、活動の活発な梅雨前線や台風第 7 号の影響を 受けて西日本を中心に全国の広い範囲で記録的な大雨となり、「平成 30 年 7 月豪雨」 が発生した。このほかにも、台風や前線などにより全国各地で大雨が発生した。

出典:気象庁