2018年9月の天気・天候

2018年(平成30年)9月の日本の天候は、東・西日本では日照時間がかなり少なく、降水量はかなり多くなりました。
台風第21号と第24号により、広い範囲で暴風や大雨となりました。
沖縄・奄美では、気温がかなり高くなりました。
2018年(平成30年)9月の天候の特徴は以下のとおりです。

東・西日本では、日照時間がかなり少なく、降水量はかなり多かった
東・西日本では、秋雨前線が停滞しやすく、曇りや雨の日が多かったため、日照時間はかなり少なかった。また、日本の南で高気圧が強く、湿った空気が流れ込みやすかったほか、台風第21号や第24号の影響を受けたため、降水量もかなり多かった。

台風第21号と第24号により、広い範囲で暴風や大雨となった
4日に台風第21号が徳島県に上陸し、東・西日本で暴風や高潮、大雨による被害が発生した。また、台風第24号は、29日に沖縄・奄美に接近、30日に和歌山県に上陸して、東日本を通過したため、広い範囲で暴風や大雨による被害が発生した。

沖縄・奄美では、気温がかなり高かった
沖縄・奄美では、中旬を中心に高気圧に覆われて晴れたほか、南から暖かい空気が流れ込む時期もあったため、気温はかなり高かった。

出典:気象庁