雷が鳴ると梅雨が明ける

7月中旬は夕立が多い時季です。例年、日本列島の近くに梅雨前線が停滞し、前線に向かって南海上の高気圧から蒸し暑い空気が流入すると、雨雲がより発達し雷も増えます。

雷が鳴ると梅雨が明ける」とも言われますが、夕立による雷が多いのはそれだけ非常に蒸し暑い空気がより多く送り込まれ、夏の高気圧である太平洋高気圧が勢力を強めている状況と言え、太平洋高気圧が勢力を強めると梅雨前線を北上させ、梅雨明けを迎えます。

一方、梅雨前線が停滞した時に、非常に湿った空気が入り、大気の状態が非常に不安定になる事があります。この時にもを伴いますが、夕立などと違い激しい雨が長時間にわたって続き、大雨となります。このような場合には、すぐには梅雨明けを迎えません。

雷が鳴ると梅雨が明ける