夏の雷のメカニズム

夏の強い日差しによって強く熱せられた地表付近の空気が上昇して入道雲になると、夏の風物詩の雷がしばしば発生します。熱が原因で発生することから熱雷(ねつらい)と呼ばれます。
上昇気流の起こりやすい山岳や山沿いで発生が多く、また上空に冷たい空気が流入していると相対的に下層の空気が熱い状態と同じ状況になり、雷が発生します。