夏の雷のメカニズム

夏の強い日差しによって強く熱せられた地表付近の空気が上昇して入道雲になると、夏の風物詩の雷がしばしば発生します。熱が原因で発生することから熱雷(ねつらい)と呼ばれます。
上昇気流の起こりやすい山岳や山沿いで発生が多く、また上空に冷たい空気が流入していると相対的に下層の空気が熱い状態と同じ状況になり、雷が発生します。

このカテゴリの記事一覧

  1. 雨粒の大きさ
  2. 降水量の表現
  3. 梅雨の語源
  4. 梅雨のタイプ
  5. 世界の降水量と水資源
  6. 東アジアの梅雨
  7. 梅雨の中休みの種類?
  8. 虹と角度
  9. 湿舌とは?
  10. 土砂災害の種類
  11. 雷が鳴ると梅雨が明ける
  12. 暑さと湿度の関係は?
  13. 夏山の天気と観天望気
  14. 観天望気とは?
  15. 落雷から身を守る方法
  16. 土用波とは?
  17. 波の高さ
  18. 台風の名前の付け方
  19. 入道雲と積乱雲
  20. 夕立は馬の背を分ける?
  21. 台風の発生個数
  22. 気温はどうやって観測している?
  23. 夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜とは?
  24. 強い台風って?
  25. 梅雨(つゆ)とは?
  26. 梅雨入りとは?
  27. 梅雨明けとは?
  28. 逃げ水(にげみず)とは?
  29. エオルス音とは?
  30. 球電現象とは?
  31. 日射と日照の違いとは?
  32. エルニーニョ現象、ラニーニャ現象とは?日本への影響は
  33. 陽炎(かげろう)とは?

関連する記事

  1. 球電現象とは?
  2. 逃げ水(にげみず)とは?
  3. 夏の雷のメカニズム
  4. 雷が鳴ると梅雨が明ける
  5. 7月18日は光化学スモッグの日