波の高さ

一般的にいう波の高さは、「有義波高」と呼ばれる波高を指しており、「ある一点を連続して通過する波を観測したとき、その中から波の高い順に総数の1/3個を選び出して平均した高さ」のことをいいます。有義波高は目で見た波の高さに近いと言われています。
1000波に1波は2倍程度の波が発生する事があるので、波打ち際では注意が必要です。