秋の雲の特徴

秋になって日本の上空を流れる偏西風が次第に強まるようになると天気が西から東へ変わり、現れる雲の種類や特徴が変わります。
秋の空の主役と言われる雲は、うろこ雲(巻積雲)・ひつじ雲(高積雲)や天気が悪くなる前の低気圧が接近する時に高い所で現れる巻層雲・高層雲と呼ばれる横に広がる雲です。

秋の雲には特徴があり、秋を感じる事ができます。夏の間は強い日差しにより発生するもくもくした積雲が中心です。

このカテゴリの記事一覧

  1. 初雪とは?終雪とは?各地の平年日
  2. 台風は気まぐれ給水車
  3. 台風の速さ・速度
  4. 台風厄日とは?
  5. 秋台風の特徴
  6. 露が多くなる条件
  7. 飛行機雲で天気が分かる?
  8. いわし雲
  9. 夕日が赤い理由
  10. 特異日とは?
  11. 木枯らし1号とは?発表基準や条件と記録
  12. 初冠雪とは?初冠雪の平年値
  13. 小春日和とは?いつ?季節は春ではない!?
  14. 空はなぜ青い?空が青い理由
  15. 最新の台風情報
  16. 台風とは?その定義は?
  17. 台風、ハリケーン、タイフーン、サイクロンの違いとは
  18. 台風の上陸とは?
  19. 台風の大きさ・強さの表現と定義
  20. 迷走台風とは?藤原の効果
  21. ボイスバロットの法則とは?
  22. 台風の風の特徴。右側は危険半円、左側は可航半円
  23. 台風の構造。雲と雨の分布、アイウォールとスパイラルバンド
  24. 逆転層とは?
  25. 霜と露の違いは?
  26. 竜巻の発生とメカニズムと時期

関連する記事

  1. 天泣(てんきゅう)とは?狐の嫁入り
  2. 流氷とは?流氷のでき方や時期
  3. ボイスバロットの法則とは?
  4. エオルス音とは?
  5. 空はなぜ青い?空が青い理由
  6. 吐く息が白くなる理由