虫の鳴き声と気温の関係

秋になると虫の鳴き声を耳にするようになりますが、虫の鳴き声と気温の関係があります。

虫は変温動物で、羽をすり合わせて出す音は、虫の筋肉運動によるため、気温が高いときは鳴き声は速く活発ですが、気温が低いと遅く音も小さくなります。

コオロギの仲間は夏は夜だけ鳴きますが、秋が深まるに連れて昼も鳴き始め、晩秋は昼だけ鳴くようになります。