紅葉狩りの由来

紅葉狩りの「狩り」は獣を捕まえるという狭い意味で使われていましたが、その後、野鳥や小動物を捕まえる意味にも広がり、さらに果物を採る意味や草花を眺めたりする意味も含んで使われるようになり、「紅葉狩り」と言われるようになりました。
紅葉シーズン真っ盛りのこの時期に紅葉狩りに出かけてはいかがでしょうか。