夏(2016年6月~2016年8月)の天気・天候

2016年(平成28年)夏(6~8月)の天候の特徴は以下のとおりです。
全国的に暑夏で、特に沖縄・奄美では記録的な高温となった
日本付近は暖かい空気に覆われやすく、全国的に夏の平均気温は高かった。特に、沖縄・奄美では、日照時間が多く強い日射を受けて、夏の平均気温は平年差+1.1℃と夏として1位の高温となった(統計開始は1946年)。
北日本太平洋側は記録的な多雨となった
北日本では、6月は低気圧の影響を受けやすく、8月は台風が相次いで接近・上陸したことや前線や湿った気流の影響で、降水量がかなり多かった。特に、北日本太平洋側では、夏の降水量は平年比163%となり、夏として1位の多雨となった(統計開始は1946年)。
ほぼ全国的に多照となった
高気圧に覆われやすかったため、夏の日照時間はほぼ全国的に多かった。

1 概況

6月から7月にかけては、太平洋高気圧の勢力が日本の南海上で強く、沖縄・奄美では暖かい空気に覆われやすく、気温がかなり高かった。太平洋高気圧の北縁にあたった西日本付近では、西から湿った空気が流れ込み梅雨前線の活動が活発となりやすく、6月は西日本の各地方で、7月は九州を中心に降水量が多かった。東日本と東北地方では、6月は平年並の降水量となったが、7月は梅雨前線の活動が弱まり、降水量の少ない地方が多かった。北海道地方では低気圧の影響を受けやすく、降水量は6月はかなり多く、7月も多かった。
7月後半は、千島近海で高気圧の勢力が強まり、北・東日本を中心に気温の低い時期があった。一方、日本の南では高気圧の勢力が引き続き強く、沖縄・奄美を中心に気温の高い状態が続いた。
8月は、日本付近は暖かい空気に覆われやすかったため、月平均気温は全国的に高く、沖縄・奄美ではかなり高かった。その結果、夏の日照時間はほぼ全国的に多く、夏の平均気温は全国的に高かった。特に、沖縄・奄美では夏を通して気温の高い状態が続き、夏の平均気温は平年差+1.1℃となり、夏として1位の高温となった(統計開始は1946年)。
一方、8月は日本の南海上で対流活動が活発になった。月の後半は、日本のはるか東で高気圧の勢力が強く、その西縁にあたる東日本太平洋側から北日本を中心に台風や湿った気流の影響を受けやすかった。特に、北日本では台風第5号、第6号、第7号、第11号、第9号、第10号が相次いて接近または上陸し、前線や湿った気流の影響も加わり、顕著な多雨となった。北日本太平洋側では、夏の降水量が平年比163%となり、夏として1位の多雨となった(統計開始は1946年)。
なお、この夏に日本に上陸した台風は4個で、すべて8月に上陸した。8月の上陸数4は、ひと月の上陸数の多い方から1位タイとなった(統計開始は1951年)。また、この夏に日本に接近した台風は7個で、このうち6個は8月に接近した。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

沖縄・奄美でかなり高く、北・東・西日本でも高かった。那覇、石垣島(以上、沖縄県)など7地点で夏の平均気温の高い方から1位の値を更新し、宿毛(高知県)、名瀬(鹿児島県)で1位タイの値を記録した。
(2)降水量
北日本でかなり多く、西日本太平洋側でも多かった。網走、根室(以上、北海道)など8地点で夏の降水量の多い方から1位の値を更新した。一方、沖縄・奄美で少なかった。東日本、西日本日本海側では平年並だった。

(3)日照時間

北・東日本日本海側、西日本、沖縄・奄美で多かった。北・東日本太平洋側では平年並だった。

出典:気象庁