2017年5月16日は七十二候の竹笋生(たけのこしょうず)です。

2017年5月16日からは七十二候の一つ『竹笋生(たけのこしょうず)』です。
竹笋生(たけのこしょうず)とは、たけのこが生えてくる時期です。タケノコの成長は早く、伸びすぎないうちに収穫しなければ、美味しいたけのこは味わえません。特に朝どりの生のタケノコは美味。雨が降った後、続々と顔をのぞかせ、一晩で一気に伸びるようです。「雨後の筍」は似たようなものが次々と現れ出ることの例えとして使われます。

●季節の言葉 旅の日(松尾芭蕉)・田水張る
●季節の魚介 あさり (旬は春と秋)
●季節の野菜 筍 (旬は3月半ば~5月)
●季節の行事 長良川の鵜飼開き(5月11日)

次の七十二候は、2017年5月21日の『蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)』です。