2018年10月8日は寒露(かんろ)です。

2018年10月8日は二十四節気の一つ『寒露(かんろ)』です。
寒露は晩秋から初冬にかけて草木や木の葉の上につく露のことで、「露が冷気によって凍りそうになる頃」という意味です。

寒露の頃は残暑も終わり、日中は過ごしやすい陽気ですが、朝晩は肌寒く感じられるようになり、寒さが少しずつ増していきます。
秋の移動性高気圧に覆われて晴れた夜は放射冷却により地面付近の気温が下がり、まだ湿り気のある空気中の水蒸気が露となります。早朝に草木に触れると濡れるのは、このためです。

寒露(かんろ)

次の二十四節気は、2018年10月23日の『霜降(そうこう)』です。

このカテゴリの記事一覧

  1. 2018年10月3日は七十二候の水始涸(みずはじめてかかる)です。
  2. 2018年10月8日は七十二候の鴻雁来(こうがんきたる)です。
  3. 2018年10月13日は七十二候の菊花開(きくのはなひらく)です。
  4. 2018年10月18日は七十二候の蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)です。
  5. 2018年10月20日は秋の土用です。
  6. 2018年10月21日は十三夜のお月見です。
  7. 2018年10月23日は霜降(そうこう)です。
  8. 2018年10月23日は七十二候の霜始降(しもはじめてふる)です。
  9. 2018年10月28日は七十二候の霎時施(こさめときどきふる)です。

関連する記事

  1. 2018年12月17日は七十二候の鱖魚群(さけのうおむらがる)です。
  2. 2018年12月22日は冬至(とうじ)です。
  3. 2018年12月22日は七十二候の乃東生(なつかれくさしょうず)です。
  4. 2018年12月26日は七十二候の麋角解(さわしかつのおつる)です。
  5. 2018年12月7日は七十二候の閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)です。
  6. 2018年12月12日は七十二候の熊蟄穴(くまあなにこもる)です。