2018年12月14~15日はふたご座流星群。方角や時間は?

【天体現象】ふたご座流星群
【日時】2018年12月14日21時~15日明け方

三大流星群の一つふたご座流星群12月14日15時頃に極大を迎えます。今年のふたご座流星群の方角や時間など詳しく解説します。

ふたご座流星群

1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とならび「3大流星群」の一角をなすふたご座流星群。今年最後の大天体ショーの開幕です。

ふたご座流星群の特徴

ふたご座流星群は近年では明るい流星が増え、条件が揃えば一晩で観測できる流星の数も最大級(1時間あたり40個以上)のため、三大流星群の中でも最大と言われております。

また、一晩中流星が出現するのが特徴です。観測日時が一日ずれると観測できる流星の数は約半分以下に減るので是非この機会にいかがですか?

ふたご座流星群のピーク・極大日時

流星群の活動ピークは14日21時頃
今年はふたご座流星群の活動ピークが夜間にあたり、上弦の月が沈む深夜帯は狙い目です。今年は観測条件が良いため、前日の13日夜~14日明け方にかけても良く観測できるでしょう。

ふたご座流星群の見える方角

ふたご座流星群の放射点はふたご座のカストルの付近にありますが、流星は空一面に出現するので、どちらの方角を見てもかいません。ポイントとしては空が広く見渡せ、市街地の明かりなどが視界に入らない方角を見るようにしましょう。

寒さ厳しい季節ですので防寒対策をしっかりとして、風邪をひかないようにしましょうね。

やっぱり3大流星群は見逃せませんね★

天気予報はコチラ
衛星雲画像はコチラ

その他の2018年の三大流星群はこちら
しぶんぎ座流星群
ペルセウス座流星群