台風の進路予報表示

12、24、48及び72時間後の台風の中心位置と72時間以内に暴風域に入るおそれがある領域の予想を予報円(点線)と暴風警戒域(実線)で示したもの(実況の中心位置は×印)。
5日先までの台風の進路を示す際には、24、48、72、96及び120時間後の台風の中心位置の予想を予報円(点線)で示す(実況の中心位置は×印)。

12、24時間予報:3時間毎に発表。
48、72、96、120時間予報:6時間毎に発表。
台風が日本に接近し、重大な災害が発生するおそれがある場合には、12、24、48及び72時間後の予想に加えて、3、6、9、15、18及び21時間後の予想を発表することがある。
移動速度が小さい場合(20km/h(10ノット)未満)には、12時間後の予想は省略することができる。
温帯低気圧に変わっても暴風域を持つと予想される場合には、暴風警戒域を付ける。

72時間以内に台風が北西太平洋以外の領域に達する予想がある場合、あるいは予想進路及び過去の統計から4日先または5日先に台風ではなくなっている可能性が高い場合は、4日先または5日先の予報を省略することができる。

出典:気象庁