静水圧近似

数値予報で用いる鉛直方向の運動方程式で、重力と気圧傾度力がつり合っていると近似すること。
水平スケールが鉛直スケール(対流圏で10km程度)より十分大きい現象に対して高い精度で成り立つ。

出典:気象庁