雪かきのコツ、やり方、注意すること

雪かきのコツは、積もったばかりの雪はかきやすいですが、時間が経つと湿ったり凍ったりして雪がかきにくくなります。積もったら早めに、しかも地面が完全に現れるまで雪を取り除く方がよいでしょう。

①雪カキ前に準備運動などで身体をほぐしておきましょう。
雪は見た目以上に重く、重労働となりますので、しっかりと身体を温めてから雪かきを行いましょう。

②服装選びも重要!

雪かきをしていると、身体が温まり、服装が汗で濡れてくる事があります。汗でぬれても身体を冷やさないように下着の調整をしておくことも必要です。また、足元は滑りやすく、雪が入り込まない工夫や濡れない素材を選びましょう。

③除雪と腰痛
手の力だけだとすぐ疲れてしまうため、足と腰を有効的に使って、身体全体を使って雪カキをしましょう。また重い雪を持ち上げるため、腰を痛めやすくする原因につながりますので、注意しましょう。

④休憩を入れながら行いましょう。
降り積もる雪の中の除雪は大変な作業です。知らない間に汗をたくさんかいているため、こまめな水分補給を心がけましょう。体内の水分が過度に失われるとる脱水症状により、血液の流れが悪くなるため脳梗塞や心筋梗塞の原因となる場合があります。体調に違和感を感じた場合は作業を中断するようにしましょう。

⑤雪カキは複数人で行いましょう。
特に屋根の上に登る時、ご自身の落下だけでなく、雪の落下による事故が起こる可能性があります。また、近隣の住民の方がわかるようにお伝えしておくといいでしょう。

⑥雪カキと天気予報
今日から旭他にかけての天気気温・風向・風速・雪の降るタイミングについて、確認しておきましょう。
また湿度や気圧配置などから、雪の種類を検討して置くことも重要なポイントです。

雪かきのコツ、やり方、注意すること

  • Uranai Style-pro占い館-
  • Uranai Style
  • 2019年吉方位運気アップ 吉方位と開運旅 35style