不快指数とは?

気温や湿度の高い日が次第に多くなると、不快指数という言葉を耳にします。
不快指数気温に湿度を加えて蒸し暑さを表すための指標として米国で考案されました。

不快指数が70以下の場合は快く感じますが、75以上になると半数の人が不快を感じ、80以上になると全員が不快に感じるとされています。

出典:気象庁