所により

現象が地域的に散在し、複数の地域を指定して表現することで冗長な表現になる場合に用いる。
天気概況などで必要に応じ、「・・‥所がある」のように言い換えをしてもよい。たとえば、「所により雷を伴う」は「雷を伴う所がある」としてもよい。

その発現域の合計面積が、対象予報区全体の50%未満である。
予報に対して用い、実況に対しては「ところどころ」を用いる。

出典:気象庁