シアーライン

風向、風速(どちらか一方でも良い)が急に変化しているところを結んだ線。
総観規模の前線には大きな風のシアーがあるが、通常はメソスケールの現象に対して用いる。

出典:気象庁