2017年12月13~14日はふたご座流星群。方角や時間は?

【天体現象】ふたご座流星群
【日時】2017年12月13日日没~14日明け方

三大流星群の一つふたご座流星群12月14日15時頃に極大を迎えます。今年のふたご座流星群の方角や時間など詳しく解説します。

ふたご座流星群

1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とならび「3大流星群」の一角をなすふたご座流星群。今年最後の大天体ショーの開幕です。

ふたご座流星群の特徴

ふたご座流星群は近年では明るい流星が増え、条件が揃えば一晩で観測できる流星の数も最大級(1時間あたり40個以上)のため、三大流星群の中でも最大と言われております。

また、一晩中流星が出現するのが特徴です。観測日時が一日ずれると観測できる流星の数は約半分以下に減るので是非この機会にいかがですか?

ふたご座流星群のピーク・極大日時

流星群の活動ピークは14日15時頃
今年はふたご座流星群の活動ピークが昼間にあたり、夜は下弦を過ぎた月明かりの影響があり、観測条件はあまりよくありません。ただ、昨年の満月よりは条件は良さそうです。また、ふたご座流星群は夜の比較的早い時間から見る事ができるので観測はしやすくなります。

ふたご座流星群の見える方角

ふたご座流星群の放射点はふたご座のカストルの付近にありますが、流星は空一面に出現するので、どちらの方角を見てもかいません。ポイントとしては空が広く見渡せ、市街地の明かりなどが視界に入らない方角を見るようにしましょう。

寒さ厳しい季節ですので防寒対策をしっかりとして、風邪をひかないようにしましょうね。

やっぱり3大流星群は見逃せませんね★

天気予報はコチラ
衛星雲画像はコチラ

その他の2017年の三大流星群はこちら
しぶんぎ座流星群
ペルセウス座流星群

このカテゴリの記事一覧

  1. 2017年12月7日は大雪(たいせつ)です。
  2. 2017年12月13日は正月事始めです。
  3. 2017年12月22日は冬至(とうじ)です。
  4. 2017年12月24日はクリスマスです。
  5. 2017年12月31日は大晦日です。
  6. 2017年12月2日は七十二候の橘始黄(たちばなはじめてきばむ)です。
  7. 2017年12月7日は七十二候の閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)です。
  8. 2017年12月12日は七十二候の熊蟄穴(くまあなにこもる)です。
  9. 2017年12月17日は七十二候の鱖魚群(さけのうおむらがる)です。
  10. 2017年12月22日は七十二候の乃東生(なつかれくさしょうず)です。
  11. 2017年12月26日は七十二候の麋角解(さわしかつのおつる)です。
  12. 2017年12月31日は七十二候の雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)です。

関連する記事

  1. 2017年12月7日は七十二候の閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)です。
  2. 2017年10月13日は七十二候の菊花開(きくのはなひらく)です。
  3. 2017年12月12日は七十二候の熊蟄穴(くまあなにこもる)です。
  4. 2017年10月18日は七十二候の蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)です。
  5. 2017年12月17日は七十二候の鱖魚群(さけのうおむらがる)です。
  6. 2017年10月23日は七十二候の霜始降(しもはじめてふる)です。