余寒とは?

寒があけた立春以降に現れる寒さを余寒(よかん)といいます。
春分までのこの時期は気温の変動が大きくなりやすく、春めいて暖かくなったかと思っても、次の日には寒さが急にぶり返すことが多く見られる季節です。
立春を過ぎてもなお寒さが続く時に出す手紙を「余寒御見舞い」といいます。