台風の速さ・速度

台風が南方海上を西に進んでいる時は、時速20kmぐらいの自転車並みの速度で進みますが、向きを変える頃はそれより遅くなります。
その後、向きを北から東よりに変え、上空の偏西風が吹くところまで北上すると次第に加速し、時速40km~50kmとなり、それ以上になることもあります。

動きの遅い台風は、ある地域に長時間にわたり影響を及ぼしますが、上陸などすると台風の勢力も次第に衰えるのに対し、動きの速い台風は天気や風の急変を引き起こし、勢力が衰える前に通過するため、広範囲に影響を及ぼします。

一般的に夏よりも秋の台風の方がスピードが速くなります。

最新の台風情報や最接近時刻はコチラ

台風の大きさ・強さ

このカテゴリの記事一覧

  1. 秋の雲の特徴
  2. 台風は気まぐれ給水車
  3. 台風厄日
  4. 秋台風の特徴
  5. 露が多くなる条件
  6. 飛行機雲で天気が分かる?
  7. いわし雲
  8. 夕日が赤い理由
  9. 特異日とは?
  10. 木枯らし1号とは?発表基準や条件と記録
  11. 初冠雪とは?初冠雪の平年値
  12. 小春日和とは?いつ?季節は春ではない!?
  13. 空はなぜ青い?空が青い理由
  14. 最新の台風情報
  15. 台風とは?その定義は?
  16. 台風、ハリケーン、タイフーン、サイクロンの違いとは
  17. 台風の上陸とは?
  18. 台風の大きさ・強さの表現と定義
  19. 迷走台風とは?藤原の効果
  20. ボイスバロットの法則とは?
  21. 台風の風の特徴。右側は危険半円、左側は可航半円
  22. 台風の構造。雲と雨の分布、アイウォールとスパイラルバンド
  23. 逆転層とは?
  24. 霜と露の違いは?

関連する記事

  1. 2018年5月2日は八十八夜です。
  2. 2017年10月23日は霜降(そうこう)です。
  3. 2017年5月2日は八十八夜です。
  4. 2016年10月23日は霜降(そうこう)です。
  5. 2016年5月1日は八十八夜です。
  6. 霜とは?初霜の平年日