気温

通常は地上1.25~2.0mの大気の温度を摂氏(℃)単位で表す。
度の単位に丸めるときは十分位を四捨五入するが、0度未満は五捨六入する。

(例)気温が上がる(下がる)。
(例)気温は氷点下×.×度。
(例)高さ×××mの気温。

摂氏以外でいうときは単位系を付ける。

出典:気象庁