2011年7月の天気・天候

2011年(平成23年)7月の天候の特徴は以下のとおりです。
上旬は北日本で、中旬は東日本で記録的に気温が高かった
上旬は北日本に南から暖かい空気が流れ込んだため、北日本の7月上旬の平均気温は、統計を開始した1961年以降、最も高い値を更新した。また、太平洋高気圧に覆われて晴れた東日本では、7月中旬の平均気温が1961年以降、最も高い値を更新した。
台風第6号により記録的な大雨となった
中旬後半に西日本に上陸し、本州の南岸を東進した台風第6号により、四国や紀伊半島では降り始めからの降水量が1,000ミリ前後となるなど記録的な大雨となった。
27~30日にかけて「平成23年7月新潟・福島豪雨」が発生した
前線が停滞し、前線に向かって非常に湿った気流が流れ込んだため、新潟県・福島県会津を中心に記録的な大雨となり甚大な災害が発生した(「平成23年7月新潟・福島豪雨」)。

1 概況

月のはじめは梅雨前線の影響により北・東・西日本では曇りや雨の日が多く、北日本では南からの暖かい気流の影響で気温が平年を大きく上回った。上旬の北日本の平均気温は、統計を開始した1961年以降7月上旬としては最も高い値を更新した(平年との差:+3.0℃)。上旬後半から月半ばにかけては太平洋高気圧が日本付近で強まり上空の偏西風も北に蛇行し暖かい空気に覆われやすくなったことから、東日本を中心に所々で猛暑日となった。中旬の東日本の平均気温は7月中旬としては1961年以降最も高い値を更新した(平年との差:+2.9℃)。なお、四国、中国、近畿、東海地方では8日ごろ、九州北部、関東甲信、北陸地方では9日ごろ、東北南部、東北北部では11日ごろ、梅雨明けした(速報値)。
中旬後半には日本付近での太平洋高気圧の勢力は弱まり、18日には台風第6号が四国の南を北上、20日には徳島県南部に上陸した後、潮岬付近を通過、その後本州の南海上を南東進した。東・西日本太平洋側を中心に大雨となり、四国や紀伊半島などの所々では総降水量が1,000ミリ前後となる記録的な大雨となった。
下旬は、上空の寒気や湿った気流の影響により、北海道を除いて雲が広がりやすく、所々でにわか雨や雷雨となった。27~30日にかけては、新潟県と福島県会津を中心に大雨となった。前線が朝鮮半島から北陸地方を通って関東の東に停滞し、前線に向かって非常に湿った気流が流れ込み、大気の状態が不安定となったため、4日間の総降水量が7月の平年の月降水量の2倍以上に相当する記録的な大雨となり、甚大な災害が発生した(「平成23年7月新潟・福島豪雨」)。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

月平均気温は、北日本から西日本にかけて高く、北・東日本では平年を1℃以上上回った。沖縄・奄美では平年並であった。
(2)降水量
月降水量は、北日本太平洋側、西日本日本海側、沖縄・奄美で少なく、北日本日本海側、東日本では平年並であった。西日本太平洋側では多かった。

(3)日照時間

月間日照時間は、北・東日本太平洋側、西日本日本海側で多かった。北・東日本日本海側、西日本太平洋側では平年並で、沖縄・奄美では少なかった。

出典:気象庁