2011年の天気・天候

2011年(平成23年)の天候の特徴は以下のとおりです。
年降水量は北・東日本日本海側、西日本で多く、年間日照時間は西日本、沖縄・奄美で少ない
年降水量は北・東日本日本海側、西日本で多く、特に北日本日本海側ではかなり多かった。年間日照時間は西日本、沖縄・奄美で少なく、特に沖縄・奄美ではかなり少なかった。年平均気温は北日本から西日本にかけて平年並で、沖縄・奄美では低かった。
全国的に春は低温、夏と秋は高温
春は寒気の影響を受けやすかったため、平均気温は全国的に低く、特に西日本、沖縄・奄美ではかなり低かった。一方、夏と秋は全国的に高温となり、暖かい空気に覆われることが多かった秋の平均気温は、東・西日本、沖縄・奄美でかなり高かった。
多くの地方で梅雨入り・梅雨明けがかなり早い
梅雨入りは東北・北陸地方以外の地方でかなり早く、梅雨明けは奄美・九州南部・九州北部・四国地方以外の地方でかなり早かった。
平成23年7月新潟・福島豪雨、台風第12号及び台風第15号による記録的な大雨
平成23年7月新潟・福島豪雨や、9月の台風第12号と台風第15号による記録的な大雨により、甚大な災害が発生した。

1 概況

2011年の天候の主な特徴は、春の全国的な低温と夏から秋にかけての全国的な高温、多くの地方でのかなり早い梅雨入り・梅雨明け、平成23年7月新潟・福島豪雨や9月の台風第12号と台風第15号による記録的な大雨である。
冬は、冬型の気圧配置が長続きした気温の低い時期と、寒気の影響が弱く気温の高い時期との対照が全国的に明瞭だった。12月終わりから1月末にかけては、日本付近に強い寒気が断続的に流れ込んだため全国的に気温が低く、アメダスを含む22地点で積雪の深さが観測史上1位を更新するなど、日本海側の広い範囲で降雪量が多くなった。
春は、前半は西日本、後半は北日本を中心に寒気の影響を受け、かなりの低温となった時期もあったため、平均気温は全国的に低く、特に西日本、沖縄・奄美ではかなり低かった。また、後半を中心に日本海を通る低気圧や前線の影響を受けることが多かったため、北・東日本日本海側では春の降水量がかなり多かった。
夏の平均気温は全国的に高かった。太平洋高気圧が強まって気温がかなり高くなる時期と、太平洋高気圧が弱まって気温が低くなる時期もあるなど、気温の変動が全国的に大きかった。梅雨のない北海道地方を除き、梅雨入りは東北・北陸地方以外の地方でかなり早く、梅雨明けは奄美・九州南部・九州北部・四国地方以外の地方でかなり早かった。7月終わりには、平成23年7月新潟・福島豪雨により、新潟県と福島県会津では記録的な大雨が降って甚大な災害が発生した。
秋は偏西風が平年よりも北寄りに流れて暖かい空気に覆われることが多かったため、平均気温は全国的に高く、特に東・西日本、沖縄・奄美ではかなり高かった。台風や低気圧などの影響により秋の降水量は全国的に多く、北日本日本海側、西日本太平洋側ではかなり多かった。9月には台風第12号と台風第15号による記録的な大雨により甚大な災害が発生した。秋の日照時間は、期間を通じて湿った気流の影響を受けやすかった沖縄・奄美ではかなり少なく、統計を開始した1946年以降最も少ない値となった(平年比:79%)。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

年平均気温は、北日本から西日本にかけて平年並で、沖縄・奄美では低かった。
(2)降水量
年降水量は、北日本日本海側でかなり多く、東・西日本日本海側、西日本太平洋側で多かった。洲本(兵庫県)では、年降水量の多い方からの一位を更新した。北・東日本太平洋側、沖縄・奄美では平年並だった。

(3)日照時間

年間日照時間は、沖縄・奄美でかなり少なく、西日本で少なかった。与那国島(沖縄県)、沖永良部(鹿児島県)では、年間日照時間の少ない方からの一位を更新した。北日本、東日本日本海側では平年並で、東日本太平洋側では多かった。

出典:気象庁