大気の状態が不安定とは? 上下方向の気温差が決め手

天気予報で「大気の状態が不安定」という言葉をよく耳にすると思います。たびたび登場する用語で、強い雨や落雷、突風、ひょうなどの激しい気象現象と関係があります。

上下の温度差が決め手

大気の安定度は空気の上下方向の温度差が決め手となります。空気は冷たいほど重く、暖かいほど軽いという性質があるためです。

地上付近(下の空気)が暖かく、上空(上の空気)が冷たい場合は、上空の重い空気が下降し、地上の軽い空気が上昇します。「大気の状態が不安定」とは、このような対流が生じやすい場合をいいます。上昇気流が強まるところでは、雷雨などを引き起こす積乱雲が発達することがあります。

一方で、下の空気が冷たく、上の空気が暖かい場合は対流が起こらず、大気は安定します。高度10~50キロメートルの成層圏がこの状態で、ジェット機が高度を上げた後に静かに飛行できるのは、安定した成層圏を飛んでいるからです。

ひょうはどんな時に起きる?
発達した積乱雲に備えて

積乱雲が発生しやすい時…こんなキーワード


積乱雲の水平方向の大きさは数㎞程度と小さいため、事前にいつどこで降るかを把握して、備えることは難しいです。積乱雲が発生しやすいエリアに対しては、「大気の状態が不安定」、「急な強い雨」や「雷雨」に注意、「天気急変の恐れ」がありますといったキーワードで気象キャスターは、お伝えしています。
天気予報で自分の地域が「大気の状態が非常に不安定」と伝えらえている時は、雨雲レーダーをこまめにチェックして、空模様の変化に注意しましょう。

降水量とは?降水量の測り方や目安
”どしゃ降り”ってどれくらい強い雨?

線状降水帯とは?
【キーワード解説】

この記事の執筆者

森山 知洋 気象予報士/防災士/北海道防災教育アドバイザー

20年以上の気象予報士歴の中で放送局での災害報道や気象キャスターなど様々な業務を経験。防災講演の講師を務めるなど防災や健康気象のスペシャリストとしても幅広く活動中。

業界最長 30日先までの天気
はこちら

このカテゴリの記事一覧

  1. 降水量とは?降水量の測り方や目安 ”どしゃ降り”ってどれくらい強い雨?
  2. 二つ玉低気圧とは?【キーワード解説】
  3. 線状降水帯とは?【キーワード解説】
  4. 土砂災害警戒情報とは?【キーワード解説】
  5. ひょうはどんな時に起きる?発達した積乱雲に備えて
  6. 台風+前線は大雨に警戒! 線状降水帯の発生も
  7. 大雨による道路の冠水 車で走行するとどうなる?
  8. 重ねるハザードマップ ~地震・洪水・津波・液状化など複数リスクの見方~
  9. キキクルの見方 色でわかる!3つの大雨災害危険度
  10. 気候変動 気温が1℃上昇するとどうなる?水蒸気は7%増加!雨は激しく!

関連する記事

  1. 熱中症になりやすい人ってどんな人? こんな人は要注意!
  2. キキクルの見方 色でわかる!3つの大雨災害危険度
  3. 熱中症は気象災害の一つ! 死者は近年1000人超・危険な条件と予防ポイントは?
  4. 大雨による道路の冠水 車で走行するとどうなる?
  5. 熱中症予防 ~真夏日・猛暑日の水分補給おすすめ3か条~
  6. ラニーニャ現象とは? 発生すると日本の夏はどうなる?
  • 頭痛ーる 毎日の天気頭痛予報
  • 頭痛ーる 簡単セルフチェック
  • Uranai Style-pro占い館-