2011年6月の天気・天候

2011年(平成23年)6月の天候の特徴は以下のとおりです。
北日本日本海側と西日本で多雨、九州では中旬に記録的な大雨
梅雨前線や暖かく湿った気流の影響により、西日本、北・東日本日本海側を中心に大雨の日があった。特に九州では中旬を中心に、各地で大雨の日が続き、中旬だけで1,000ミリ前後に達する大雨となったところがあった。月降水量は北日本日本海側でかなり多く、西日本で多かった。
西日本では日照時間がかなり少なかった
梅雨前線の影響などにより、平年に比べ曇りや雨の日が多かったため、月間日照時間は、西日本ではかなり少なく、北日本日本海側と東日本太平洋側で少なかった。
沖縄地方ではこれまでで最も早い梅雨明け(速報値)
上旬の後半には太平洋高気圧の西への張り出しが強くなり、沖縄地方では太平洋高気圧に覆われた。沖縄地方は9日ごろ、梅雨の統計を開始した1951年以降、最も早い梅雨明けとなり(速報値)、晴れて暑い日が多く月平均気温はかなり高かった。
下旬の平均気温は東日本と西日本では6月下旬としては過去最も高い値となった
下旬は太平洋高気圧が日本の南で強まり、東・西日本では晴れて暑い日が多かった。下旬の平均気温は、東・西日本では旬の統計を開始した1961年以降、6月下旬としては最も高い値を更新した。また、24日には熊谷(埼玉県)で、6月としての国内最高気温となる39.8℃を記録した。

1 概況

梅雨前線や暖かく湿った気流の影響により、西日本や北・東日本日本海側を中心に大雨の日があったため、月降水量は北日本日本海側ではかなり多く、西日本では多かった。また、平年に比べて曇りや雨の日が多かった西日本では月間日照時間はかなり少なく、北日本日本海側と東日本太平洋側では少なかった。
上旬から中旬にかけては、梅雨前線が九州から本州の南岸に停滞した。また太平洋高気圧は、月の前半は西に平年より強く張り出した。沖縄地方では太平洋高気圧に覆われ晴れの日が多くなり、沖縄地方では梅雨の統計を開始した1951年以降、最も早い9日ごろに梅雨明けした(速報値)。一方、南から暖かく湿った気流が流れ込んだ九州では中旬には大雨の日が続き、中旬の降水量が1,000ミリ前後に達する大雨となったところがあった。
下旬には太平洋高気圧は本州の南で強まり、梅雨前線は日本海から北陸、東北地方まで北上して停滞した。東北地方から北陸地方の所々で大雨となったほか、下旬中頃には台風第5号が先島諸島から東シナ海を北上した影響により西日本太平洋側でも所々で大雨となった。その後も北日本では梅雨前線の影響を受け、また東日本以西では暖かく湿った気流の影響を受けて雲が広がりやすかったが、東・西日本太平洋側では晴れて所々で猛暑となった。下旬の平均気温は、東・西日本では旬の統計を開始した1961年以降、6月下旬としては最も高い値を更新した。また、24日には熊谷(埼玉県)で6月としての国内最高気温となる39.8℃を記録した。なお、奄美地方は22日ごろ、九州南部は28日ごろ梅雨明けした(速報値)。
月平均気温は、ほぼ月を通して気温が平年を上回った沖縄・奄美ではかなり高かった。また、月のはじめや中旬に気温が平年を下回る時期があった北・東・西日本でも月平均気温は高くなった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

月平均気温は、全国的に高く、沖縄・奄美でかなり高かった。東日本では平年を1℃以上上回った。
(2)降水量
月降水量は、北日本日本海側ではかなり多く、西日本で多かった。酒田(山形県)、雲仙岳(長崎県)、人吉(熊本県)、阿久根(鹿児島県)など全国6地点で6月の降水量の最大値を更新した。北日本太平洋側、東日本日本海側では平年並で、東日本太平洋側、沖縄・奄美では少なかった。

(3)日照時間

月間日照時間は、西日本でかなり少なく、北日本日本海側、東日本太平洋側で少なかった。雲仙岳、福江(以上、長崎県)の2地点で6月の月間日照時間の最小値を更新した。北日本太平洋側、東日本日本海側、沖縄・奄美では平年並だった。

出典:気象庁