2018年1月5日は小寒(しょうかん)です。

2018年1月5日は二十四節気の一つ『小寒(しょうかん)』です。
この日が寒の入りとなり、節分までの期間を寒の内とも言います。これから寒さが更に厳しくなるころとなりますが、冬至から半月ほど過ぎているため日の入りが遅くなっていますので、少しずつ昼が長くなったと感じられるようになります。

次の二十四節気は、2018年1月20日の『大寒(だいかん)』です。